忍者ブログ
このブログは2010年1月12日から、livedoor Blog(http://blog.livedoor.jp/netaso/)に移行しました。
[141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009_06_03_001.jpg
アスキー・メディアワークスより2009年5月27日に発売された、「著者:藤堂あきと」の、「パーツのぱ」第1巻です。
「週刊アスキー」にて連載しています。
アスキー・メディアワークスの紹介によると、
「週刊アスキー」 の人気コミックが、ついに単行本化!
秋葉原にある小さなパーツショップ 『こんぱそ』 は、今日も営業中!
当たり前(!?)の日常こそ、ジャンクで面白いパーツ(出来事)の宝庫なのです。
となっております。

この本ですが、秋葉原が舞台ということもあり、秋葉原の各店舗では品切れ状態(アキバBlogさん)のようです。
この記事を書いている時点では、Amazonも在庫がないほどの人気です。
実際に、自分が買おうと思った時には、すでに秋葉原では売り切れでしたので、秋葉原ではない書店にて購入しました。

前にも少し触れましたが、自分は若干だけ秋葉原と縁がある生活をしている関係上、「秋葉原」を舞台にしている物語には、非常に親近感を持ちます。
この作品も、秋葉原の描写が細かく描かれており、親近感は抜群です。
タイトルの通り、秋葉原にある架空のパーツショップ「こんぱそ」での日常を描いた作品です。
そして、そのパーツショップとしての描写が非常にリアルです。
「他店との価格競争」「不良在庫」「店員の引き抜き」等が、リアルです。
この作品は、よくあるコミック雑誌ではなく、週刊アスキーというコンピュータ系雑誌に連載されているということもあるので、このようなリアルな事柄を扱えるのでしょう。

しかし、こうリアル、リアルと言うと、マニアックで技術的で難しそうと思われるかもしれません。
が、そのような心配はないと思います。
パーツショップの現状をリアルに描かれていますが、マニアックではないのです。
マザボやグラボは、何をする機械なのかがわかる程度で十分に楽しめるとと思います。
人によっては、マザボやグラボの時点でマニアックと感じるかもしれませんが・・・。

とにかく、パーツショップをリアルに描きつつも、物語性がキチンとある。
リアルと物語性のバランスが非常に良い作品であると感じました。
パーツショップに行ったことのある人であれば、きっと楽しめるのではないでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新CM
[08/02 shibuya]
[01/08 秋庭]
[12/11 秋庭]
[11/30 秋庭]
[11/27 秋庭]
最新TB
プロフィール
HN:
ねたそ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
らき☆すた ネットアイドル・マイスター
らっきーBlog
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ねたその「ね」は、ねたその「ね」 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]