忍者ブログ
このブログは2010年1月12日から、livedoor Blog(http://blog.livedoor.jp/netaso/)に移行しました。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


けいおん!の「放課後ティータイム」のCDとBDもしくはDVDの第1巻を購入して応募すると、抽選でもらえるという非売品CDです。
ちなみに、自分は応募していないです。知り合いの方から借りた物です。

で、このCDに何が収録されているのかというと、第6話で唯が練習しすぎでガラガラ声で歌ったふわふわ時間が収録されています。
正確には、澪がメインで唯がコーラスですね。
それが、このCDにフルバージョンで収録されています。
逆に言うと、それだけしか収録されていません。
しかし、唯好き(豊崎好き)にはたまらないCDではないでしょうか。
もう、唯の声が何とも言えない良い味を出しています。
ガラガラ声(ハスキー声)で音程もずれているけど、唯の「頑張って歌っている」感が凄く伝わってきます。

声優って凄いと素直に思いました。
PR


11月11日にランティスから発売される、けんぷファーEDの「ワンウェイ両想い」です。
瀬能ナツル役の井上麻里奈さんと、沙倉楓役の中島愛さんとのデュエットソングです。
あのEDでの「腰ふり」が印象的だった人も多いのではないでしょうか。
自分も、その一人であるというのは、言うまでもありません。

この曲は、変身前のナツル(男)は楓が好きで、楓は変身後のナツル(女)が好きという、タイトル通りワンウェイな両想いについての曲です。
複雑な関係の、不思議なデュエットです。
ナツルのパートの歌詞で「俺の俺じゃない俺がジャマする」とか「俺の俺じゃない俺がライバル」とかが、この複雑な関係を象徴しているのではないでしょうか。
「ワンウェイ両想い」という、タイトルのセンスにも自分はグッときましたね。
それに、井上麻里奈さんと中島愛さんの歌声の組み合わせもなかなかキレイで良いですね。

アニメのけんぷファーは、「声優が豪華」という事だけが目立って、今期の作品の中では、そこまで人気作品ではないような気がします。
上の下、中の上あたりでしょうか。
もちろん、自分はけんぷファー好きですよ。
というか、今期まともに見ているのは、これしかないですが。
色々と突っ込みどころも満載のけんぷファーですが、主題歌に関しては結構良くできているんではないでしょうかね。
このEDもそうですが、OPの栗林みな実さんの「あんりある♡パラダイス」も気に入っています。
OP・ED共に、第1話を見た瞬間から気に入りましたね。
1話見てすぐに、どっちもCD買おうと思わせられました。
自分は、1回聞いて気に入った曲というのは、自分の中の「お気に入りソング」に入ることが多いです。
何回か聞いていくうちに気に入る「スルメ曲」の場合もありますが、やっぱり第一印象が大事ですね。
とういうことで、OP・ED共に、自分の中での「お気に入りソング」になりました。

なお、この曲は11月21日より、JOYSOUNDにて配信予定です。
DAM、UGAはまだ未発表のようです。


本当は、借りるつもりはなかったんですよ。
確かに、かなめもはアニメも原作も好きな作品でした。
しかし、地デジ環境でリアルタイムで見ていて、尚かつ録画もしていました。
なので、わざわざDVDを借りるほどではなかったんですよ。
別に、オーディオコメンタリーがあるわけでもないし…。

しかし、ある一言が自分を変えました。
「DVDでは規制が無くなって、代理やかなちゃんの純白なアレがあらわになっている」

まぁ、詳しくはこちらの記事を見てください
本放送の不自然な「ブンタ」が、見事になくなっているではありませんか。
「ある一言」で心が変わってしまう自分は、ある意味もうだめかもしれない。

というか、そう考えると、やっぱり高画質な地デジが録画できても、DVDの存在価値というのは高いのかもしれない。
ある意味、DVDを買わせるための、ムカツク販売戦略である。
でも、一人暮らしの自分にとって、DVDは高い高い…。
詳しい概要は、TBSの公式ページアキバBlogさんの記事にて紹介されていますが、秋葉原と大阪の日本橋にて、ひだまりスケッチのクリアファイルとアスミスの手描きチラシの無料配布イベントがありました。

ということで、昨日貰ってきました。
2009_10_29_001.jpg
自分は28日の17時よりアキバとらにて配布開始の回に挑んできました。
とは言うものの、このために秋葉原に行ったわけではなく、別件のついでです。

っていうか、めちゃくちゃ自分は油断していました。
てっきり、大盤振る舞いで配るイベントかと思っていました。
なので、30分前の到着は早すぎると思っていました。
が、大違い。
配布開始30分前なのに、長蛇の列。
一瞬、AKBの何かの列かと思いましたよ。
それぐらいの長蛇の列でした。
配布開始に近づくにつれて、2列の列を3列にし始めたりもしていましたね。
恐るべし、ひだまりの人気。
まぁ、その「恐るべし」の要因の一人が自分であるというのも事実ですが。
自分は30分ほど前から並んでいたので、難なく貰うことができましたが、配布開始時間に到着していたら、貰うことはできなかったと思います。
本当に、油断していました。
まさしく、瞬殺でした。

詳しいそのときの雰囲気とかは、アキバBlogさんでも記事になっているので、そちらをご覧ください。

明日発売の、ひだまりスケッチ×365特別編DVDを買ってきました。
4月に参加してきたライブイベントにて発表された特別編が、ついに発売となりました。
早いもので、もう半年も経ってしまいました。
というわけで、肝心の中身ですが、特別編自体はBSで放送されたのを見てたので、オーディオコメンタリーを見ました。
相変わらずのgdgd感は最高です。
オーディオコメンタリーというよりかは、雑談です。
だがそれがいいんです。
コメンタリーの中でも触れられていましたが、自分も「益子」先生は、「ますこ」先生だと思っていました。

ちなみに、自分は2話の「赤い糸/イミシン」が好きですね。
2話は原作の第4巻内に収録されている作品とひだまりスケッチブックというビジュアルファンブックに収録されている書き下ろしの作品です。
どちらも、非常に好きな話で、その二つが上手にリンクされていました。
アヴァンのゆのっちの夢の中のゆのっちが全裸で何気にエロかったです。
あと、「見つかんない!見つかんない!見つかんなーい!」と取り乱しているゆのっちもかわいいです。
特別編は全体的に、特に原作よりのギャラデザな気がしました。

2009_10_27_002.jpg
これは、アニメイトで購入したので、特典のA3クリアポスターです。
他にも、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップでも購入特典があり、それぞれ絵柄も物自体も違いました。
ゲマズはタペストリー、とらはテレフォンカード、ソフはお風呂ポスターだったはず。
それぞれ総合的に判断して、今回はアニメイトで購入しました。
先日買ったあんこ入り☆パスタライスあんりある♡パラダイスと交換に、けいおん!の憂と和のキャラソンを借りました。
2枚とも、キャラソンというかイメージソングって感じでした。
ちょっと、キャラの感じと少し離れていて、中の人の本気モードという感じでした。
でも、自分はそんなの全然気にしないので大丈夫ですが。

ということで、まずは「憂」のほうから。
憂のCDでは、やっぱり1曲目の「Lovely Sister LOVE」が好きですね。
もう、姉の唯の好き好き感がたっぷりのシスコン大爆発って感じです。
いわゆる、公式が病気というやつです。
でも、憂のシスコンは許せるというか、むしろイイです。
なんというか、ニヤニヤが止まらないです。
もう本当に、お姉ちゃんが大好きなんだなということが非常に伝わりました。
最後のサビの歌詞に「いつか巣立つ その日までね よろしくね」という部分があります。
お姉ちゃんが大好きだけど、いつかは巣立ってしまうことをきちんと覚悟している憂の優しさは最高です。
言うまでもなく、憂の株は急上昇です。

次は、「真鍋和」です。
登場頻度が非常に少ない割には、多大なる人気があるのではないのでしょうか。
全体的に、曲は和というか中の人って感じです。
でも、和を保っているのではないかと思います。
というわけで、自分が気に入ったのは、2曲目の「プロローグ」です。
とにかく、曲が良い。それに尽きます。
曲調と声質がぴったり合っていて、非常に美しいです。
けいおん!らしくないと言われれば、そうかもしれませんが、そんなことどうでもよくなるぐらい良い曲です。
サビの部分が非常に印象的でした。
言うまでもなく、和の株は急上昇です。

けんぷファーOPの栗林みな実さんが歌う「あんりある♡パラダイス」です。
アニメで初めて聞いた時から、普通にいい曲だなと思ったので買いました。
おそらく、この今日は自分にとっての初「栗林ソング」だと思います。
自分はどちらかというと、「今時の声優が歌うアニソン」をよく聞くので、新鮮です。
ちなみに、瀬能ナツルと沙倉楓が歌うEDの「ワンウェイ両想い」も普通に気に入っているので、発売されたら買うと思います。
まぁどう考えてもEDのあり得ない「腰振り」が印象に残りまくっているのもあると思いますが。

どうでもいいけど、この曲名でもある「あんりある♡パラダイス」が、一瞬「あんこ入り☆パスタライス」に見えてしまうのは病気だからでしょうか。
というわけで、らき☆すたの7巻が発売されています。
やっぱり、まだまだらき☆すた人気はスゴイということを、感じながらバイトをしていました。

かくいう自分も、らき☆すたは好きです。
原作も1巻から5巻まで持っています。
しかし、全く読んでいない…。
どうも、自分は「らき☆すた」が好きというわけではなく、「平野綾などが声優をして、京アニが制作しているアニメのらき☆すた」が好きなのです。
自分は、アニメかららき☆すたを知った身分です。
らき☆すたは、原作とアニメでは、空気が違うような気がしますね。
「アニメのらき☆すた」はよく知っていても、「原作のらき☆すた」は全く知らない人も多いのでしょうか。

まぁ、らき☆すたに限らない話ですが…。
この記事の本筋である、Newtypeチャンネルでの配信がどうこうとかは、どうでもいいです。
それよりも、このプレミアム会員だけにプレゼントされる、ハルヒのねんどろいどぷちだけが非常に欲しいです。
ハルヒ可愛い!ただそれだけです。


講談社より、2009年8月21日に発売された、いちば仔牛先生の「ポチッと!」です。
講談社の紹介によると、

キミも一緒につーはん廃人まっしぐら!
反省無用のつーはんギャグコメディ!

クリック連打でハイ、召喚!「つーはん妖精」ポチットさんが、オタク女子高生の欲望にこたえてつーはんライフを後押ししまくり!キミのあるある感覚を刺激する、つーはんギャグコメディの大本命!!

となっております。

感想としては、なんか微妙な感じですね。
とにかく、色々と微妙な感じです。
面白くないわけでもないけれど、面白いというわけでもない。
印象がないという印象を受けてしまいました。
自分としては、もっと通販に関するあるあるネタとかを取り扱うのかと思っていたけれど、そういうわけでもなかったです。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新CM
[08/02 shibuya]
[01/08 秋庭]
[12/11 秋庭]
[11/30 秋庭]
[11/27 秋庭]
最新TB
プロフィール
HN:
ねたそ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
らき☆すた ネットアイドル・マイスター
らっきーBlog
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ねたその「ね」は、ねたその「ね」 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]