忍者ブログ
このブログは2010年1月12日から、livedoor Blog(http://blog.livedoor.jp/netaso/)に移行しました。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


というわけで、ひだまり史上最大のイベント「超ひだまつりZ」に行ってきました。
まだ興奮と疲労のダブルパンチで色々感想とかを書きたいのですが、今はそんな元気がないです。
言うまでもなく、当たり前すぎますが、良かったし・楽しかったです。
力を振り絞って今言えることは、
「アスミスかわいいよアスミス」
「マツキスかわいいよマツキス」
です。この二人の組み合わせは最高です。
でもでも、やっぱり、
「ウメスかわいいよウメス」
です。
ウメスは本当に小柄で可愛かったですね。
イベント中でネタになっていましたが、正しく「神」です。
あと、生バンドによる演奏も良い味出していましたね。
凄く、深みが出ていました。

先週のらき☆すたのライブに続き、今回のひだまりスケッチ。
どちらの作品も、数少ない自分のお気に入りの作品です。
それが、立て続けにイベントが終了してしまって、逆に一気に目標というか楽しみが無くなってしまいました。
PR

「らき☆すたin武道館 あなたのためだから」は、紅白歌合戦風の第1部と第3部と、らっきー☆ちゃんねるの第2部で構成されていました。
ここでは、歌の第1部と第3部の内容について、ちょっとした簡単な感想です。

1.宇宙鉄人キョーダイン 泉こなた(平野綾)
1曲目に、これが来るとは思わなかったです。
これが自分にとっての初平野だったけど、やっぱりプロですね。
色々と上手でした。
最初、足下の物体が何か気になって仕方がなかったですが、まさかコロネとは。
それを曲中に食べるとは、演出が細かいです。

2.寝・逃・げでリセット! 柊つかさ(福原香織)
可愛らしい衣装。可愛らしい踊りでした。
ホントに、つかさのようでした。

3.どんだけファンファーレ 泉こなた(平野綾)
1曲目とは違い、正真正銘のらき☆すたの曲です。
やっぱり、平野綾は凄い。色々と上手で驚きです。
歌も踊りも安定していて、安心?して盛り上がれました。

4.しすたー・うぉーず 柊つかさ(福原香織)
またまたつかさの曲です。
可愛らしいとしか言いようがありません。
 
5.みにまむテンポ 小早川ゆたか(長谷川静香)
中の人(長谷川静香)も、ゆーちゃんと一緒で小柄な方でした。
曲の終盤で、泣いてしまい歌えてなかったのが印象的でした。
まだ、開場してから時間がたっていないのに、もう心にグッときてしまいました。

 
6.100%?ナイナイナイ 柊かがみ(加藤英美里)
まず、キャラソンの2曲目というチョイスが嬉しかったです。
個人的に、この曲は大好きで、普通は1曲目を歌うから聞けないよな…、と思っていただけに、尚更です。

7.も、妄想マシーン。 田村ひより(清水香里)
CDも上手でしたが、本番でも歌がお上手で格好良かったです。

8.すげえんだって・ヴァ! 日下部みさお(水原薫)
みさおのコスプレをして登場した水原さん。
確か、地声は案外低いのに、みさお声でなりきっていましたね。

9.黙っと休み時間 岩崎みなみ(茅原実里)
みなみちゃんのイメージカラーと一緒の緑の衣装で登場したみのりん。
なんというか、みのりんです。
正しく、癒しの時間でした。

10.だよな3秒たまには5秒 日下部みさお(水原薫)
まさかまさかの、みさおの2曲目。
らき☆すたソングの中でかなり好きな部類になるので、聞けて嬉しかったです。
既に、すげえんだって・ヴァ!を歌ったので、もう出番はないと思っていたので、ホントに嬉しかったです。
アドリブの自虐ネタとか良かったです。

11.こすぷれノこころえ パトリシア・マーティン(ささきのぞみ)
「深い!」とか「踊れ!」とかのかけ声を観客のみんなで言ったのが印象的でしたね。

12.結婚なんてさパッパヤー 黒井ななこ(前田このみ)、成実ゆい(西原さおり)ナレーションを白石
個人的に好きなこの曲。
きちんと、ナレーションに白石も登場していました。
黒井先生とゆい姉さんの中の人もオトナの女性で、この曲の雰囲気に合っていましたね

13.女はヨメとムスメだけ 泉そうじろう(平松広和)
ラフな衣装で登場した平松さん。
中の人を存じてはなかったのですが、もう少し若い方だと思っていました。

14.背景放題やりほーだい? 日下部みさお(水原薫)、峰岸あやの(相沢舞)
相沢さんもあやののコスプレをして登場したこの曲。
まさしく、ジャケット通りの格好でしたよ。
「"ラ"はらき☆すたの"ラ"」よりも「背景放題やりほーだい?」のほうが好きなので、良かったですね。
運が良いのかは知らないですが、自分の好きな方の選曲ばかりです。

15.幸せ願う彼方から 泉かなた(島本須美)
ついに来ました、島本さん。
よくも、この場所に呼べましたね。
もう感動の嵐ですよ。
生で聞くと、会場の雰囲気とか色々な要素が加わって鳥肌度がアップです。

16.三十路岬 小神あきら(今野宏美)
着物姿で登場の今野さん。
スモークの特効があったりと、雰囲気も抜群です。
何のコンサートかとわからなくなるぐらい、今野さんの実力は凄いです。

17.俺の忘れ物 白石みのる(白石稔)
18.かおりんのテーマ 白石みのる(白石稔)
19.恋のミノル伝説 白石みのる(白石稔)

3曲連続で、白石ソングです。
白石は、とにかく上手い。
歌が上手なのはもちろんだけど、トークとか観客サービスというか盛り上げ方を心得ていますよね。
特に、恋のミノル伝説の盛り上がりは凄かった。
もしかすると、ライブの中で一番盛り上がったかも。
会場全体で、盛り上がり、照明とかも格好良くて印象強かったです。
白石1人でこれだけ盛り上がるとは、凄いです。

20.コスって!オーマイハニー こなたとパティ(平野綾とささきのぞみ)
21.悠長戦隊ダラレンジャー こなたとパティ(平野綾とささきのぞみ)

2曲続けて、こなたとパティです。
2人元気いっぱいに歌っていましたね。

22.有頂天がとまらない 有頂天(小神あきらと白石みのる(今野宏美と白石稔))
23.曖昧ネットだーりん 小神あきら(今野宏美)、白石みのる(白石稔)

ヤッターマンのコスプレをして登場した2人。
曖昧ネットだーりん最後の白石への蹴りが凄かったですね。
さすが、あきら様。

24.かえして!ニーソックス 泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)
みゆきさんは居なかったけど、3人で元気いっぱいで歌っていたのが印象的でした。
チアのコスも良かったです。

25.もってけ!セーラーふく 泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)
 チアダンス参加:日下部みさお(水原薫)、峰岸あやの(相沢舞)、小早川ゆたか(長谷川静香)、岩崎みなみ(茅原実里)、田村ひより(清水香里)、パトリシア・マーティン(ささきのぞみ)
全員がチアのコスをして登場した最後のフィナーレの曲。
OPや最終話の本編と同じダンスで、息ピッタリでした。
もう、感動もんでしたよ。

26.組曲「らき☆すた動画」(アンコール)
アンコールが、まさかの組曲で驚きと感動のダブルパンチでした。
ステージのモニターに、何気に自重していないニコニコ動画風のコメントが流れていて、芸が細かい。
曲も良かったけど、会場全体の一体感も良かったですね。
最後が組曲で、このライブがホントに良い思い出となりました。


良かった、凄かった、楽しかった。
簡単にまとめると、そういうことです。
もうちょっと詳しい感想は、また後日と言うことで。

角川書店から2009年3月26日に発売された、「涼宮ハルヒの競演」です。
ハルヒの初アンソロです。
角川の紹介文によると、
「ただのアンソロには興味ありません!社会現象まで巻き起こした大人気小説「涼宮ハルヒの憂鬱」の世界を、著名な作家陣が漫画&イラスト化!お祭り感満載の超豪華アンソロジーがついに登場!」
となっています。

アンソロということなので、いろいろな作家さんや絵師さんのコミックやイラストが収録されています。
どのような方々が参加されているかなどは、省略いたしますが、正直あまり自分は作家さん等に詳しくないです。
しかし、色々な方々の「ハルヒの世界観」を感じることができて良かったです。
それが、アンソロの醍醐味ですよね。

超個人的なことを言うと、表紙をめくって最初のイラストである、沙村広明氏がかなりインパクトがありましたね。
表紙のぷよ氏の絵とギャップがあり、なかなか衝撃的でした。

芳文社の、「まんがタイムきららキャラット」で連載している、「大沖」先生の、「はるみねーしょん」第1巻です。
芳文の紹介によると、
「トボケた女子高生、細野はるみは宇宙人。浮いたり飛んだり、時には土中に埋まったり、地球暮らしを満喫中?一度読んだらクセになる、\すげえ/\やべえ/シュールギャグ4コマ、待望の単行本化!」
となっております。

2009年02月26日発売なので、旬は過ぎてしまいましたが、自分はこの作品は一押しだと思います。
見た目は普通だけど宇宙人の「細野はるみ」と、その友達である「高橋ユキ」と「坂本香樹」の3人で展開するギャグ4コマです。
主に、「はるみ」がボケで、後の二人が突っ込み役という感じですね。
芳文の紹介文にもあるように、一度読んだら癖になってしまうんですよね。
とにかく、ゆる~くて、シュ~ルという組み合わせが、ますます読み手に笑いを与えています。
何か、4コマらしい4コマです。
自分の求めていた4コマは、正しくこの作品だと思います。
「萌え」は無いかもしれません。
しかし、この「はるみ」が、ジワリジワリと可愛く思えてしまうんですよね。
可愛いっていうか、いろんな意味でイイキャラです。
作品中では、細い縦線の目をしていますが、最初のページあたりでは、ぱっちり開いたまん丸の目をしているときがあります。
なにげにそれも可愛いです。

自分は、4コマに出会えて良かったと思っています。
はるみねーしょん、ホントにやべえ。

秋田書店の「チャンピオンRED」で連載している、「原作:雑破業、漫画:目黒三吉」の「どみなのド!」第1巻です。
秋田書店の紹介によると、
「平凡な高校生・土江武の前に突然現れた「許嫁」怒皆ひかり。彼女は、美少女かつ超お嬢様、そして…ドS!? 愛と屈辱まみれの武の明日はどっちだ!? 」
となっております。

物語は、主人公の「武」が、小さい頃に「ひかり」と結婚の約束をしたが、それが許嫁として実現してしまう!?みたいな感じです。
しかし、そのひかりは、お金持ちのお嬢様でドSという訳なんです。
でも、時折見せる可愛いところがあり、ツンデレなんです。
ドSでツンデレ。
ドMな人にとっては、たまらないでしょうね。
そして、メイドさんもドS。
おまけに、ひかりの妹の「あかり」もドSという構成です。
自分としては、この妹の存在が、色々と反則な気がします。
色々と反則な描写や発言があり、なかなかの妹です。
ある種の人には、たまらない存在ではないでしょうか。

まぁ、そういう感じで、主人公の武はどうなってしまうのかというドタバタラブコメ?でしょうかね。
自分は、ひだまりスケッチを代表とする、ほのぼの系のコミックが好きなので、こういう系は刺激が強かったです。
加えて、ドSな構成?なので、尚更です。
でも、1巻の先が非常に気になってしまう、自分でした。

「チャンピオンRED いちご」で連載していた、「原作:フロントウイング 漫画:蒼一郎」の「魔界天使ジブリール」です。
フロントウイングから発売された18禁ゲーム「魔界天使ジブリール」シリーズをコミック化したものです。
ちなみに、原作のそのゲームはしたことがありません。
原作は18禁ですが、このコミックは青年向けではありません。
とは言っても、チャンピオンREDいちごですので、パンチラ程度では済んでいません。

秋田書店の紹介によると、
「聖天使ジブリールは、今日も悪魔との戦いに大活躍!? でも、スク水、ブルマ、ブレザー&ニーソで犯られちゃう♪
そんな大人気ゲームをメーカー公認、でもオリジナルストーリーで贈る、コミカライズの決定版!!」
だそうです。

原作をしたことがないからなのか、自分の理解力が低いからなのかはわかりませんが、イマイチ話の内容がつかめないまま読み終えてしまいました。
っていうか、最初数ページ読んで挫折しかけていました。
しかし、変身シーンに、
「説明しよう!! Hな事が許せない真辺リカは、アモーレパワーで聖天使ジブリール変身するのだ!! ちなみにアモーレパワーはHで溜める… その矛盾が彼女のパワーなのだ!!」
と、記載されていて自分は吹いてしまいましたね。
まさしくその通りの、訳のわからん矛盾さが、最高です。
そういう無茶苦茶な設定、結構好きです。
その矛盾さが逆にツボにはまり、挫折を乗り越えて読むことができました。
絵も好みで可愛く、普通に面白かったです。
ただ、このようなコミカライズ作品って、原作を知らないと楽しめないのかな…。

芳文社のコミックエールで連載している「あらたとしひら」先生の「魔法少女いすずさんフルスロットル」の第1巻です。
芳文の紹介文によると、
「イヌ耳は魔法少女のあかし!?
魔法使いの里からやってきた交換留学生・いすず先輩と出会ったその日から、メガネちゃんの毎日は平穏とはほど遠いものになりました。
だけど、いすず先輩の笑顔が見れるなら、多少のことは気にしない!
ゆかいな仲間に囲まれて今日も楽しく過ごす若人たちの、萌えと苦労と愛情の物語! 」
となっています。正直、そのまんまです。
どうも自分には、ボキャブラリーが乏しく、いわゆる「レビュー」というのが大の苦手です。
どんなに面白いものでも「面白い」としか言えない自分が悔しいです。

まぁ、そんなことはさておき、表紙にもデカデカと載っているキーパーソンである「いすず先輩」ですが、イヌ耳で、魔法少女です。
なんという組み合わせ。
それに加えて、普通に可愛い。可愛すぎる。チョコンと出ている、尻尾も、尚良し。
なおかつ、仕草・動作が凄くかわいらしい。
というか、全体的に、自分好みの作画なんですよね。
いろいろなレビューでも言われているとおり、微妙に百合っぽさがあります。
もう一人のキーパーソンである「めがねちゃん」の気持ちがよくわかります。
基本的にはギャグマンガなのかどうかはわかりませんが、それでも1巻最後の「突然の。」では、ちょっぴりめがねちゃんの心情が伝わってきて、心にグッと来てしまいましたね。
帯にも書いてある「ふたりなら、もっと高く飛べる。だから、この手は離さない。」は、物語に重要な文章です。
この帯の文章が、ある意味、この本のストーリーを表しているでしょう。

というわけで、ネコ派の人も、イヌ派になってしまう?そんなお話です。

芳文社のまんがタイムきららフォワードで連載している、里好先生の「トランジスタティーセット ~電気街路図~」の第1巻です。
芳文の紹介文によると、
「うぃずりず」の里好が描く初ストーリーコミック、遂に登場!不思議な街・秋葉原。かつては無線の街として、今は電気街とオタクの聖地として栄えるこの街を舞台に、元気が取り柄の機械マニア・すずとメイド少女・みどりが駆け回ります!
となっています。
ギャグマンガです。エロもありません。パンチラ程度はありますが。
自分は、いろいろな事情で秋葉原へ通っているのですが、「アキバ」ではなく、「秋葉原」の描写が細かく親近感があり、良かったですね。
タイトルの「トランジスタティーセット」の通り、電子部品好きの女子高生と、メイドの女子高生がメインのストーリー展開です。
別に電子部品に詳しくなくても、何の問題もなく読めます。
秋葉原に対して免疫があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか。
まんがタイムきららキャラットに連載中の、はるみねーしょんという4コマがあります。
とてもゆる~い感じで、なかなか面白いです。
ですので、先月末に発売された単行本が欲しいのですが、現在ある意味行きつけの書店は売り切れという現状。
アマゾンでは在庫あり。
だったら、素直にアマゾンで買いたいのですが、行きつけの書店でできれば買いたいという諸事情があります。
さて、どうしようか。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新CM
[08/02 shibuya]
[01/08 秋庭]
[12/11 秋庭]
[11/30 秋庭]
[11/27 秋庭]
最新TB
プロフィール
HN:
ねたそ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
らき☆すた ネットアイドル・マイスター
らっきーBlog
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ねたその「ね」は、ねたその「ね」 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]